プロフィール

ヤマタツ

Author:ヤマタツ
ニックネーム:ヤマタツ
性別:男
生年月日:1989/09/24 (27才)
血液型:AB型
職業:会社員
出身地:埼玉県
mail:yamatatsu1325@gmail.com
Twitter:yamatatsu1325


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスカウンタ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

羽の正体は!


さて!前回の最後の羽の正体はコイツです(^O^)/003_convert_20120128222600.jpg
MGAGEの制作のため放置してすでに2カ月(^_^;)
危なく忘れるところでしたw

デュエルの塗装前に軽く仕上げてみましょう!
まずは胴体から!
032_convert_20120416002558.jpg
パテであっちこっち改造してしまったためマスキングだらけに・・・(-_-;)
溶きパテのザラつきを際立たせるためにあえてつやありで仕上げています。
シッポはビームサーベルへ変更。
027_convert_20120416002531.jpg

腕は尖らせた部分に赤を配色!
035_convert_20120416002713.jpg
ほとんどゼダスRになってますが気にせず行きます。
036_convert_20120416002810.jpg
本体の完成です。
羽がなくても結構かっこ良くなりましたね(^O^)/
そして羽は・・・
037_convert_20120416002637.jpg
こちらも赤をまだらに入れてみました。

それでは完成写真です(*^_^*)
IMG_2116_convert_20120416002248.jpg
IMG_2117_convert_20120416002318.jpg
翼を展開すると・・・
IMG_2111_convert_20120416002001.jpg
IMG_2112_convert_20120416002059.jpg
IMG_2113_convert_20120416002129.jpg
なんだかんだで塗装に丸1日掛ってしまいました(-_-;)
早くデュエルを進めなければ・・・あぁ忙しい、忙しい(^_^;)

ではでは。

ゼダス制作(2.5?)

ゼダス制作(3)塗装編!!
といきたかったのですが・・・

まずは塗装編の準備として(2.5)としました。

007_convert_20120129213431.jpg
この間ゼダスさんは風呂に入っていてもらいます。
パーツ洗浄です。
私はメガネ洗浄機を使用しています。
超音波で水を振動させて削りカスを洗い落します。

020_convert_20120129213949.jpg
乾かすときはコレ!Mrドライブースです。
塗装後はもちろんですが洗浄後でも大活躍です。

ちなみに手前にあるのは掃除機です。これで机の上のごみにも対応できます。

017_convert_20120129213826.jpg
コンプレッサーはリニアコンプレッサーL7を使用しています。

話が変わりますが・・・
せっかくなのでこの機会に私の部屋の紹介をしたいと思います。
といっても六畳の部屋で自分のスペースはほとんどベッドのみの部屋ですが・・・(ほとんどガンプラの部屋です)

018_convert_20120129213849.jpg
まずは作業机から・・・
机には蛍光灯が3つと
023_convert_20120129214157.jpg
自作の塗装ブースを置いてあります。
机の上の棚は・・・
013_convert_20120129213659.jpg
大量の薄め液とサーフェイサー等の下地材が・・・
机の中には・・・
014_convert_20120129213722.jpg
015_convert_20120129213741.jpg
大量の塗料が・・・
こんなに使うの? と疑問になりますが(-_-;)

019_convert_20120129213913.jpg
反対側にはパソコンとプラズマクラスターを置いています。
完全にやりすぎ感がありますが・・・
プラズマクラスターは22畳でも対応できます。(笑)

しかし・・・
狭い(-_-;)
ジオラマ制作には大きさの限界があります。

と・・・いうことで。。。
004_convert_20120129214532.jpg

私の家の庭です。

次回!庭に変化が・・・

つづく!

ゼダス制作(2)

ではゼダスのつづきです。

今回はパテの紹介を行いたいと思います。

パテはプラモデルを改造することにおいて一番メジャーな方法だと思います。
ですが難しいという印象が強く、しかもパテを盛ってしまうと元に戻すのが困難になりもなりますし・・・
挑戦するのをためらっているひとも多いと思います。

パテは盛って、削るというのが基本的な使い方です。
種類も多くのメーカーからたくさんのパテが販売されていますが、
主にポリエステルパテとエポキシパテの2種類に分けられます。

ポリエステルパテは、はじめはドロドロで大きく盛って削りながら形を出していくものです。
気泡が入りやすくきれいな表面を作るにはかなりの根気が必要です。

一方エポキシパテは、粘土みたいにある程度の形を作りながら盛ることができます。
気泡は少なくこちらの方が初心者向けかなと思います。

ということで今回はエポキシパテを使用してゼダスをいじっていきます。
ではどこを改造するかというと・・・
敵の機体としてはやはりジオンの機体のような曲線の多いデザインがいいと思いませんか?
その曲線をイメージしながらひたすた盛っていきます。
ちょっとやりすぎくらいがインパクトがあっていいです(笑)
IMG_2035_convert_20120128195006.jpg

IMG_2036_convert_20120128195040.jpg
頭部・胸部・肩部・腕部にパテを盛りつけてみました。
乾燥のため2日くらい置きます。(硬化時間は5時間となっていますがなんか不安なので・・・)

そのあとヤスリで形を出していきます。
017_convert_20120124212759.jpg
右がヤスリ前、左がヤスリ後です。
ヤスリは#320→600→800→1000までかけています。
頭も
018_convert_20120124212818.jpg
胸も
020_convert_20120124213213.jpg
またサイドアーマーには裏側から0.5mmのプラ版を張り付け大形化!
形はテキトーです(笑)

024_convert_20120128222507.jpg

適度に表面にザラツキを持たせるために溶きパテを筆でたたきつけます。

なんとな~く眺めていると・・・

なんか頭が変?
というかオカッパ頭みたいじゃん・・・
019_convert_20120124213135.jpg


てことで改修開始!
006_convert_20120128222645.jpg
両側を削り込み悪そうなイメージに!
001_convert_20120128222538.jpg
いい感じになりました。
大形化した羽での展開も・・・
支障なくできます。
005_convert_20120128222626.jpg
羽の裏側は溶きパテでザラザラに!

003_convert_20120128222600.jpg
改造はこんなもんですかね・・・
次からは塗装に入ります。


ではでは(^O^)/

ゼダス制作(1)

ゼダスの制作開始です。
まずは素組みから
015_convert_20120123185455.jpg
プロポーションとしては良好だと思います。
可動も結構動きますし翼の展開も可能です。

しかしやはりバンダイらしさというか・・・
対象年齢を下げたこともあると思いますが、エッジがだるいパーツが多く見受けられます。
角や肩等、少し玩具っぽく感じてしまいます。
まあ安全面、ガチャガチャ遊ぶための耐久性を考えるといたしかたないとは思いますが・・・

また腰部の翼ですが少し物足りなさを感じますね~
劇中では敵機ということを意識しダークな感じに
今回は素材を活かしなるべく難しい技術は使わずに、
けれど大きく印象を変えられる方法を紹介していきたいと思います。
また塗装では鱗塗装の紹介もしたいと思っています。

ガンプラ改造の初心者の方にも是非チャレンジしてもらいたいです。(^-^)
なるべく簡単に仕上げていきたいな~と思います。


ではまずはアンテナ等をシャープに
016_convert_20120124212733.jpg

ヤスリは#400→800→1000とかけていきます。
右が改修前。左が改修後です。
これをアンテナ、角に行うだけでも結構印象が変わると思いますよ。

今日は平日なのでこれくらいにしておきます。(明日も仕事ですし・・・)
次回はパテを使っていきたいと思います。

ではまた(^O^)/

 | ホーム |