--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
03.29

デュエルの役割!?

今回はデュエルガンダムの火力増強と行きましょう(^O^)/
さて前回の続きでもしザフトの技術者だったらってことで・・・

連邦から奪取した機体はデュエル・イージス・ブリッツ・バスターの4機ですよね。
ということは4機でフォーメーションを組む時を考えてみると・・・
イージスは可変機という機動力を生かした接近戦闘、
ブリッツはミラージュコロイドを使用したステルス機、
バスターはその名の通り重武装の遠距離砲撃機となりますかね・・・
ならデュエルは主に中距離用の機体にしたほうがバランスがいいのかな?
役割としてはイージスやブリッツの支援や敵戦艦砲塔の撃破といったところでしょうか。
目指すところはバスターよりも機動性があり、イージス・ブリッツより火力のある機体ですね。
本来ストライクを入れた5機での運用予定であった分ストライクの働きをデュエルでまかなう運用が効率がいいような気がします。
このアサルトシュラウドではストライクでいうエール+ランチャー見たいな感じかな(^O^)/

でも機動力を上げるために装甲を少なくした。なんて言ったらイザークのお母さんに怒られそうですが・・・(笑)
『偉い人にはそれが分らんのですよ』って言いたくなりますよ(笑)
なんだか考えていたらどんどん違う方向へ行きそうなのでこの辺にします。
そもそもSEEDを見ていない方は全然意味不明な状態ですよね・・・ごめんなさいm(__)m


まあとにかく火力です火力!
てことでスラスターに接続部を設けます。
まずは穴を開け・・・
040_convert_20120329195847.jpg
3ミリのプラ棒を取り付けます。
046_convert_20120329195918.jpg
ここに何を取り付けるかというと・・・
こいつです!
043_convert_20120329200057.jpg
この巨砲を担ぐ姿にグッとくるのは私だけでしょうか?
やはりキャノンというのはこうでないと(^O^)/

取り付け部は3ミリの穴を開けただけです。簡単です。
047_convert_20120329195938.jpg
もちろん可動もします。
042_convert_20120329200010.jpg
045_convert_20120329200119.jpg
だんだんイメージが膨らんできました。いい感じです。
ちなみに胸の部分にはアーマーの一部を切り取って取り付けています。
014_convert_20120329200348.jpg
これにより左右非対称な印象を持たせることで玩具っぽさをなくしています。
う~んモンハンでいうとガンナー装備見たいな・・・

少し眺めていたら飽きてきたので・・・(笑)
もう少し印象を変えていきいと思います。
このゲイボルグの横のパーツにも3ミリの穴を開けます。
052_convert_20120329200520.jpg
同じように3ミリのプラ棒を取り付け。
054_convert_20120329200540.jpg
実はこの3ミリの太さ、本来肩に取り付けるはずのシヴァの機部がぴったりはまります。
055_convert_20120329200602.jpg
つまりこういうことです(^O^)/
056_convert_20120329200630.jpg
これで二連装砲ができます。
058_convert_20120329200719.jpg
057_convert_20120329200656.jpg
なかなかメカらしくなってきました(*^_^*)
061_convert_20120329200819.jpg
左肩が寂しそうだったので・・・
062_convert_20120329200843.jpg

063_convert_20120329200902.jpg
064_convert_20120329200932.jpg
066_convert_20120329200953.jpg


なんかもはやバスターに匹敵しそうな装備になってしまいましたが、
最初のアサルトシュラウドよりスマートにまとまったと思います。
では今回はここらへんで(^O^)/

なんか気づけば長い記事になってしまいました。
このモチベーションを維持しているのは・・・
こいつのせいです!013_convert_20120329201023.jpg
ブルーレイbox・・・買ってしまいました(^O^)/
というか気づいたら届いてました・・・
恐るべしアマゾン・・・

こんなものまで(・_・;)
012_convert_20120329201041.jpg
しばらくSEED熱がおさまらなそうです(*^_^*)

ではでは!
スポンサーサイト
Comment:7  Trackback:0
2012
03.24

重装甲は好きですか?

さてデュエルの続きです(^O^)/
まずは武器から!
024_convert_20120324195515.jpg
とにかくゲイボルグがデカイ!(一番下の奴です)
そして装着!
032_convert_20120324195552.jpg
やっぱりシールドとビームライフル装備が落ち着きますね!
ではポーチングをどうぞ(^O^)/
008_convert_20120324211607.jpg
009_convert_20120324211628.jpg
012_convert_20120324211713.jpg
011_convert_20120324211649.jpg
デュエルという名前だけあってビームサーベルも似合いますよ(*^_^*)


さてそろそろ行きましょう!
アサルトシュラウド!
029_convert_20120324195618.jpg
配色も完璧です。
では装着!
027_convert_20120324195638.jpg
まるで別人です(笑)
028_convert_20120324195710.jpg
かなりゴツイですね(^O^)/
てかゴツ過ぎじゃね?
ここでタイトルにもありますが、
皆さんは重装甲は好きですか?

私は正直あまり好みではありません(-_-;)
やっぱりスタイリッシュのほうが・・・

ここまで取り合えず無改造で完成させるつもりだったのですが・・・
作戦変更!
もし自分がザフトの技術者だったらってことで改修していくことに(^O^)/

そもそもフェイズシフト装甲を持つこの機体にここまでの重装甲が必要なのか?
だってフェイズシフト装甲は対実弾兵器装甲として完璧なんですよ!
その上に装甲なんて要りません!

改造パーツとしては機動力と火力の追加がデュエルに必要と考えます。
まずは機動力の増加からで脚部とバックックを接続。
033_convert_20120324195743.jpg
このくらいのバランスが好みですね~(*^_^*)
ってことで胸の装甲パーツは使わないので接続部の改修へ!
034_convert_20120324195808.jpg
埋め方はホビージャパンに掲載されていたものと同様で使わなくなった装甲パーツを使います。
036_convert_20120324195830.jpg
爪を切りはなし・・・
037_convert_20120324200102.jpg
接続穴はめ込み接着。
038_convert_20120324200037.jpg
あとはやすりできれいに整えれば完了です!
約10分の作業(^O^)/

さて次回は火力のUPを行います!


話は変わりますが・・・
いつもコメントをいただいているDRIVEさんがブログをはじめられたそうなので紹介しますね!
DRIVEのガンプラ魔改造BLOG
今後の展開が楽しみです(^O^)/



今回のタイトルは少し印象を変えてみました(^O^)/
人が見たいと思わせるタイトルを付けることが大切だと・・・会社の飲み会で話題になり(笑)
確かにデュエルが好きな人ならともかく
『デュエル(3)』というタイトルではなかなか見たいとは思いませんよね~
今後はタイトルにも気を使っていければと思いますのでこれからも見てくださいね~

ではでは(^O^)/

Comment:6  Trackback:0
2012
03.20

デュエル(2)

ではデュエルの続きをいきましょう(^O^)/
今回は胴体からです!
011_convert_20120320213920.jpg
シンプルな形なので色分けは完璧です。
しかしアサルトシュラウドの接続部が少し目立ちますね(^_^;)
まあモールドと思えなくもないですが・・・
012_convert_20120320213946.jpg
コクピットの開閉は二重構造です(゜o゜)素晴らしい!

013_convert_20120320214009.jpg
バックパックです。
バーニア内部の色分けまできちんとされていますよ!
コイツもまた改造するところがなさそうです(T_T)
では装着!
015_convert_20120320214031.jpg
014_convert_20120320214047.jpg
良バランスです!

そしてこのデュエルで一番見ていただきたい頭部です。
016_convert_20120320214133.jpg
あれ?
デュエルってこんなにカッコよかったっけ?

すごく洗練されていますよ!
てことで合体!
017_convert_20120320214110.jpg
いやーめちゃくちゃカッコイイです(*^_^*)

腕部にいきます。
019_convert_20120320214153.jpg
020_convert_20120320214213.jpg
可動も十分ですね(^O^)/
021_convert_20120320214234.jpg
肩もいい感じにアレンジされています!
023_convert_20120320214253.jpg

とりあえずデュエルガンダムの素組が完成です。
030_convert_20120320214317.jpg
ほんとにHGの頃からの進化がすごいです(゜o゜)
こんなにデュエルがカッコ良くなるとは正直驚きです(・_・;)
031_convert_20120320214343.jpg
でもやっぱり胸の接続部が気になるな・・・

次回はアサルトシュラウド、武器へ行きたいと思います(^O^)/
ではでは
Comment:7  Trackback:0
2012
03.17

デュエル(1)

それではデュエルガンダム、制作紹介を開始したいと思います。

014_convert_20120311221634.jpg
あっ!ちなみにこのデュエルガンダムが新作業部屋初作品となります!
環境が変わって新鮮な気持ちで臨むことができました(^O^)/

まずはパッケージですが・・・
いいですね~デュエル(*^_^*)
まさに10年待ったかいがありました。
ブルーレイBOXも発売という事なのでこの機会にSEEDを見直してみようかなw
(少しお高いですが・・・)

SEEDは評価はいろいろありますが平成世代においての影響力はかなりあったと思います。
当時、私も中学生で結構作りました(^O^)/
ストーリーにおいても核やクローンなどより現代を意識した内容で、今見てもなかなか考えさせられる作品だと思います。

今回は特に改造はしないで設定通りの完成を目指していました・・・たぶん(笑)


ではいつも通り足から・・・
005_convert_20120316232346.jpg
アサルトシュラウドを考慮してか脛が結構細く感じますね!
気になる可動は・・・
006_convert_20120316232407.jpg
もうMGにおいて可動は気にしなくてもよさそうですね!
完璧です!
007_convert_20120316232424.jpg
10年前にまさかデュエルガンダムがMGで出るなんて思わなかったのでこの膝の可動は感動ものですw
008_convert_20120316232442.jpg
今回は細かいパーツ割りは割愛しますねm(__)m

次は腰部です。
009_convert_20120316232531.jpg
こちらもシンプルながら結構作り込まれています。
010_convert_20120316232551.jpg
このフレームを見るだけでも今後発売予定のブリッツやバスターにも期待できそうですね(^O^)/
さて今回はこの辺で!

次回は素組の完成くらいまでを紹介しますね(^O^)/
ではでは
Comment:7  Trackback:0
2012
03.11

MG AGE-1(8)

さてAGE-1最終回です(^O^)/
まずは残りの細かい塗装から!
096_convert_20120304094442.jpg
胸のAの字は黒の下地にシルバーを塗り・・・
095_convert_20120304094503.jpg
これもお手製。
クリアーブルー+クリアーグリーンです!
クリアーからも少しいじってみるとなかなかいいアクセントになるんですよ(^O^)/

さて最終組み立てです。
まずは足から!

098_convert_20120304094536.jpg
ちょっと塗装をうるさくしすぎたかな(^_^;)

次に腰!
099_convert_20120304094601.jpg
鱗塗装はそれなりに目立ってくれてよかったですw

胴体です!
100_convert_20120304094648.jpg
そして頭!
102_convert_20120304094710.jpg
額のAの字の塗り分けも頑張りました(^O^)/

腕部です!
103_convert_20120304094731.jpg
104_convert_20120304094755.jpg
関節色のバランスもまあまあかなw

次は武器です。
まずはライフルから!
106_convert_20120304094816.jpg
改造した銃口はゴールドを配色してみました!

シールド!
109_convert_20120304094840.jpg
シールドにはスプリッター迷彩いらなかったかな(?_?)

という事で完成です(^O^)/
107_convert_20120304094916.jpg
まあデザイン性重視という事でヨシかなw

では完成後の写真を!
IMG_2075_convert_20120311221505.jpg
IMG_2053_convert_20120311221334.jpg
IMG_2059_convert_20120311221353.jpg
IMG_2065_convert_20120311221410.jpg
以前制作したMGガンダム(比較用w)と並べてみました!
IMG_2071_convert_20120311221425.jpg
IMG_2072_convert_20120311221446.jpg

AGE-1これにて終了です(^O^)/
最後まで見ていただきありがとうございました!



さ~て次回は・・・
コイツです。013_convert_20120311222216.jpg
後ろ姿でわかりますよね?

てか・・・すでにイジリ終わってますが・・・(*^_^*)

実はこのAGE-1の紹介をやってる間に作りはじめたら止まらなくなり・・・
気づいたらこんな感じにw
そんなことより、ゼダスはどうしたんだとツッコミが入りそうですがw


とりあえず次回はデュエルの素組みから紹介しますねw

ではでは(^O^)/
Comment:6  Trackback:0
2012
03.07

MG AGE-1(7)

今回は関節色について紹介しますね。
さて皆さんはMSの関節色のイメージはどんな色ですか?

MSの設定画を見るとほとんどがグレーで塗装されています。
カラーデザインの考え方で見てみると関節や武器など重要度の低い、わき役的な部分の色は
グレーを置く意外にまとめることができないです。
そのため他の色に干渉しないニュートラルグレーが主に使われています。
ちなみにニュートラルグレーとは単純に白と黒のみで作るグレーのこと言います。
つまり何の色味を持たない色のため他の色とケンカしない色なんです。


そもそもカラーデザインの考え方においてガンダムのような、白・青・赤・黄のように互いに
せめぎ合うような配色は論外に近いですが(笑)

ではカラーデザインという観点からガンダム配色を作っていくとどうなるのかというと・・・
まさにVer.Kaのカラーになっていくんです(゜o゜)
Ver.Kaはかなりカラーデザインの考えかたを取り入るんですよ!
そのため、アニメで見たガンダムよりすっきりまとまっている印象がありますよね!
ガンダムVer.Kaは、黄色をオレンジ目に、青を紫っぽく、赤はピンクに近づかせ、白は薄いグレーになっています。
そうです!
今回、私が作ったAGE-1はオレンジの下地に黄色を・・・ピンクの上に青を(紫っぽく)・・・ピンクの上に赤を・・・ニュートラルグレーを使った白い装甲と・・・
同じなんです!Ver.Kaと!


ところでカラーデザインということで何をやっているのかというと・・・
一言でいうと色相を近づけているんです。
つまりガンダムカラーに同じ赤味を持たせることにより色に統一感を持たせているんです\(◎o◎)/!
その考え方を取り入れると自ずと関節色も見えてきます。

そう。グレーにも赤味を持たせ統一感を持たせればいいんです。
(グレーにおいて代表的なものは先に説明したニュートラルグレーと赤味を含んだウォームグレー、青(シアン)を含んだクールグレーがあります。)

という事でこれが今回私が使用したウォームグレーです。
092_convert_20120304094316.jpg
茶色っぽいけど茶色じゃない・・・
そんな色を目指しました。
一目でこの色だ!と分かってしまう色だとつまらない作品になってします。
この色はなんだろう、どうやってこの色を作っているんだろう?
と思わせることで見る人を引き付ける効果を狙っています(*^_^*)

ちなみにこの色はグレーのサーフェーサーに白・黒・マホガニーにて作っています。
もう少し薄いウォームグレーを作るときはマホガニーの代わりにダークアースを使います。

こんな風にカラーデザインを少しかじってみるだけでも結構面白いですよ(^O^)/
今までの考え方ががらりと変わったという部分もありました。

関節という一見目立たない部分をこだわることで人とは違った作品を作れ、よりステップアップできるのではないでしょうか。
機会があれば、是非試してみてはいかがですか(^O^)/


093_convert_20120304094342.jpg
厚塗りを避けるためサーフェーサー入りのウォームグレーで一度塗りです。
094_convert_20120304094415.jpg
さて関節の塗装が終わりました!
後は細かい塗装と組み立てです(^O^)/


話は変わりますが・・・
今週は仕事で小型移動式クレーンの技能講習というものを受けてきました(^O^)/
当然講習所には・・・重機がたくさん(*^_^*)
002_convert_20120307213508.jpg
034_convert_20120307213604.jpg
いゃ~いいですね~重機(^O^)/
動きもそうですが・・・
錆や傷の付き方、汚れの付き方など見ているだけでも全然飽きないですよ(笑)

とても勉強になる3日間を過ごしてきました(いろんな意味で笑)

では次回はAGE-1最終回になりそうです(^O^)/
ではでは!

Comment:6  Trackback:0
2012
03.04

MG AGE-1(6)

ではスプリッター迷彩の紹介を!

まず使うのはこの色です!
049_convert_20120304184443.jpg

このピンクを青部・赤部の箇所に下地として使用します。
(写真撮り忘れましたm(__)m)

ピンクは青の発色を良くする効果があります。
というより少し赤みの強い青が作れます(^O^)/

青に使用したのがこちら・・・
050_convert_20120304184522.jpg
これにマスキングを施していきます。
087_convert_20120304094059.jpg
今回初めてすプリッター迷彩をやってみました。
今ではこんな風に迷彩に切り取られた商品も(゜o゜)

なんか調子に乗って貼りすぎた気もしますが・・・

白は黒立ち上げで・・・
088_convert_20120304094127.jpg
その後ニュートラルグレーで塗装・マスキング!
089_convert_20120304094153.jpg
次にさらに白を混ぜて薄めのニュートラルグレーで塗装し、またマスキング!
なぜここにニュートラルグレーを使うのかはまた後日(^O^)/
090_convert_20120304094217.jpg
そしてその上にホワイトを(^O^)/
091_convert_20120304094244.jpg
あらかた塗装が終わりました(^O^)/

スプリッター迷彩としてはこんなもんですかね!

次回は関節色について紹介しますね!
Comment:4  Trackback:0
2012
03.01

MG AGE-1(5)

さてお待たせしました。
今回から主に塗装についての紹介を行っていきますよ(^O^)/

まずはちょこっとキットを改造。
073_convert_20120301213238.jpg
これはもう定番工作。
アンテナのシャープ化です。
左が処理後、右は処理前。
074_convert_20120301213214.jpg
これだけでも顔が引き締まります。
お次は・・・
072_convert_20120301213302.jpg
ライフルの銃口を金属パーツに変更しました。
実際、改造はこれだけです。

あとは塗装でなんとかしましょう!
という事で、まずはパーツをすべてばらし・・・
075_convert_20120301213421.jpg
メガネ洗浄機で汚れを落とし。
077_convert_20120301213328.jpg
換装!!
078_convert_20120301213353.jpg

パーツひとつひとつに持ち手をつけます。
080_convert_20120301213546.jpg

では黄色いパーツから紹介しますね。
まずはサフを吹いて・・・・
081_convert_20120301213521.jpg

次にオレンジを吹きます。
082_convert_20120301213612.jpg
意外かもしれませんがこのオレンジがこの後大きな効果を生みます。

この黄色いパーツをヤマタツ塗装こと「願い」に施した鱗塗装を行います。
この塗装にはコレを使います。
083_convert_20120301213638.jpg
私と同世代の方なら分かるかも知れませんが・・・
昔、ミニ四駆の肉抜き穴に付けていたメッシュです(笑)

これを・・・
084_convert_20120301213704.jpg
このようにパーツにあてがいながらイエローを吹きます。
右手でエアブラシを持つため、左手のみでパーツ・メッシュを把持します。
これが意外にコツのいるところかもしれません。
もちろん塗装をしている最中にメッシュがずれてしまった場合はオレンジからやり直しになってします(・_・;)

私は写真のように薬指・小指でパーツの持ち手を把持し、親指・人差し指・中指でメッシュを抑えてやっています。(長時間やると確実に指がつります)

注:イエローの濃さは薄すぎるとメッシュに引っ掻かれきれいにできません。(換装も遅いです)
また濃すぎると塗面がザラザラになってしまいます。

塗装後がこちら。
085_convert_20120301213751.jpg
オレンジをエッジに残しながら吹くのがポイントです!
汚れではなく影が生まれ立体感が表現できます。
他のパーツも(^O^)/
086_convert_20120301213817.jpg

とりあえず黄色が完成。

次回は装甲部。
スプリッター迷彩について紹介します。

ではでは(^O^)/
Comment:8  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。