プロフィール

ヤマタツ

Author:ヤマタツ
ニックネーム:ヤマタツ
性別:男
生年月日:1989/09/24 (27才)
血液型:AB型
職業:会社員
出身地:埼玉県
mail:yamatatsu1325@gmail.com
Twitter:yamatatsu1325


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスカウンタ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

人間の色

さて今回はジオラマの登場人物を作っていきたいと思います(^O^)/
こんなものも追加!!
031_convert_20130224194807.jpg
おもに歩兵のみのキットですが・・・
004_convert_20130224194849.jpg
非常に表情豊かな使用になってます(*^_^*)

とりあえず今回はタミヤの1/35のキットのフィギュアの塗装を行っていきます!!
007_convert_20130224195055.jpg
これが組み立てたキットにサフを吹いたものです・・・
ちなみにこのキット、ドイツ戦車兵小休止セットというなかなかマニアックなキットですw

持ち手部分がないので靴底に真鍮線を埋め込みました。
完成時にジオラマに取り付けるときにも重宝します!!

吹きつけを行うのはこのサフのみでここからはすべて筆塗りで行います(^O^)/
008_convert_20130224195124.jpg
まずは顔から・・・
しわや影になる部分にブラウンを塗り・・・
009_convert_20130224195208.jpg
エナメルカラーのフラットフラッシュ・フラットホワイト・フラットレッドを混ぜながらグラデーションを付け・・・
生きた人間の色、透明感を表現していきます(*^_^*)
頬や口元にはフラットレッドを強めに付けたり全体のバランスを見ながら表情を持たせます(・_・;)

続いて服です!!
010_convert_20130224195328.jpg
こちらも同じ。
服のしわや影になる部分の濃い色からのせていきます。

ここから・・・
011_convert_20130224195405.jpg
明るい部分の塗装。
ハイライトの塗装。
小物(ベルトのバックルやエンブレム等)の塗装を行い完成です。

筆塗りのためマスキングは一切ないものの・・・
かなり神経を使います(>_<)
はみ出しは許されない緊張感。

なれない作業のため一日かけてこの三体しかできませんでした( 一一)

さっそくなのでジオラマに置いて見ました(^O^)/
013_convert_20130224200034.jpg
014_convert_20130224195947.jpg
016_convert_20130224200108.jpg
018_convert_20130224200357.jpg
うん!!
なかなかうまく溶け込んでくれてよかった(*^_^*)

だんだんジオラマの完成が見えてきました!!
もう一息!!がんばります!!

次回もフィギュア塗装かな(^_^;)
 

きれいに汚く!?

なにかを「汚す」・・・
ほとんどの場合それは人を怒らせたり、いやな気分になったりします・・・

でも模型の世界は違いますw
汚すことで模型は魂が入り、ジオラマは本物へ近付き、そこには世界が生まれますw
(言い過ぎカナ・・・)

つまりきれいに汚すことで模型をグッと引き締めてくれます!!

ということでがつがつ汚しましょう(^O^)/
002_convert_20130219185707.jpg
まずはブラック+ブラウンでウォッシングを行いました!!
(上が実施前、下が実施後)
自然の汚れ方を意識し段差や凹凸などの汚れが溜まりやすい箇所に濃い色を残すように施します。
ほぼすべてのパーツに行いました!!

006_convert_20130219185741.jpg
ところどころにメタリックカラーを入れることでアクセントも追加(*^_^*)

次は組み立てながら汚しを入れていきます。
008_convert_20130219185812.jpg
車輪の裏側は組む前に泥の乾いた表現を付けました!!
タミヤのウェザリングスティックを使ってみました(*^_^*)
少し泥が盛ったようにも表現できるのでなかなか面白い!!

009_convert_20130219185852.jpg
車輪がこんなに汚れてて履帯がピカピカなのはおかしいので・・・
010_convert_20130219185912.jpg
履帯のも同じように土汚れを・・・・

でもちょっと物足りない( 一一)

ということで・・・
012_convert_20130219190009.jpg
ジオラマとの絡みを考慮しながらここでも情景テクスチャーペイントを使って大胆に汚しました!!

013_convert_20130219190043.jpg
足付近の装甲にも泥跳ねを再現!!


016_convert_20130219190215.jpg
017_convert_20130219190239.jpg
ジオラマの上において納得がいくまで汚しました・・・
結構しっくりくる仕上がりになったと思います!!
エンジンの排気ダクトにも注目(^O^)/

019_convert_20130219190353.jpg
機銃を取り付け。
細かいパーツも多色を使い質感を高めることで「らしさ」を表現しています!!
また各部に塗料が剥げた跡を付けています(いわゆるハゲチョロ塗装)
020_convert_20130219190420.jpg
手すりなんかは公園のジャングルジムのイメージw
塗料がはがれてるんだけど艶があるみたいな・・・

024_convert_20130219190634.jpg
単調なスペースには先に作っておいた小物パーツを配置。

025_convert_20130219190705.jpg
戦車本体の完成です!!

続いて武装。
027_convert_20130219190810.jpg
戦車本体とほぼ同じ汚しに加えマーキングシールを張り付け!!

028_convert_20130219190835.jpg
より重厚な印象になりました(^O^)/

029_convert_20130219190959.jpg
本体に取り付け・・・
例のパイピング!!
032_convert_20130219191047.jpg

ジオラマの主役の完成(^O^)/
037_convert_20130219190916.jpg
039_convert_20130219191338.jpg
034_convert_20130219191146.jpg
043_convert_20130219191439.jpg
041_convert_20130219191239.jpg
うん!満足な仕上がり!!
ジオラマ制作も佳境に入ってきた感じで楽しいですw

次回は別の主人公たちの塗装に入っていきたいと思います(^O^)/

ではでは!!

リアルの追求

今回は戦車本体の塗装に入っていきたいと思います!!
(明日が仕事なので・・・1日分の更新ですw)

まずは・・・
056_convert_20130216184856.jpg
どうもキレイすぎるので・・・
思い切って傷だらけにします。
リューターでガリガリと・・・
057_convert_20130216184927.jpg
写真は足回りですがこれを全体的に行いました!!

続いて課題だった履帯へ
058_convert_20130216185001.jpg
ゴム製のためそのままでは塗装できないのでまずはガイアカラーのプライマーを吹きつけ・・・
ちょっと特殊な塗料を使ってみました!!
059_convert_20130216185027.jpg
一見普通の艶消しのブラックに見えますが・・・
ティッシュなので磨くと・・・
061_convert_20130216185113.jpg
こんな風にメタリックな表現ができます。(右:磨いた後 左:磨く前)
使ったのはガイアノーツのグラファイトブラックという塗料デス!!
黒鉛の粒子が入っているため黒光りした塗装面になります!!
まあ後々汚しちゃうのであんまり意味無いんですがw

ちなみに鉛が含まれているので履帯全部磨くと・・・
063_convert_20130216185139.jpg
手も真っ黒になりますw

次は本体へ(^O^)/
010_convert_20130216182746.jpg
まずはサフから!
今回はいつものグレーでは無くオキサイトレッドのサフを使ってみました!!
実際の戦車も防サビ用の塗料を塗ってから本体色の塗装を行っています・・・
また長年使用している車体では本体色が褪せて下地の茶色が透けて見えたりします!!
そんな効果を狙っていますw

011_convert_20130216182840.jpg
他のパーツも同様に全面にサフを吹きました!!

戦車本体を何色にするか・・・・
今回は結構悩みました(ーー;)
61式戦車は基本グレーかサンドカラーなんですが・・・
やっぱり戦車のイメージって緑でしょ!?
ってことでこんな色を用意しました!!
012_convert_20130216182903.jpg
この色でどんな風に変化していくかに注目してみてください!!
左から順にのせていきます!!

まずは一色目のオリーブドラブ2です。
大戦中の戦車用に調色されたカラーです・・・渋い!!
013_convert_20130216182952.jpg
気持ち下地の茶を残しながら吹きつけます。
2色目、カーキグリーン。
モールドやエッジなど影が生まれる場所にのせていきます!!
014_convert_20130216183015.jpg
少し立体感が生まれたのがわかるかな?

続いて3色目、明灰緑色。
どちらかというとゼロ戦などの戦闘機に使われる色です!!
016_convert_20130216183043.jpg
だいぶ色に深みが出てきました(^O^)/
015_convert_20130216183109.jpg
主砲のパーツでも比較!!

こんな感じで他のパーツも・・・

パーツ数は少ないんですが・・・
一つ一つがデカイ(;一_一)
時間がかかります・・・・

017_convert_20130216183139.jpg
車輪は塗り分けの後シルバーでドライブラシをかけました!!

今回の改造場所の武装も塗装終了!!
018_convert_20130216183206.jpg
戦車と同じ色を使うことで一体感を持たせました(^O^)/
そうそう少し武器の改造も追加してますw
019_convert_20130216183231.jpg
なかなかの存在感です(*^_^*)
020_convert_20130216183257.jpg


次回は戦車といえば「汚し」でしょ!!
ってことでひたすら汚していきたいと思います(^O^)/
001_convert_20130216183359.jpg

次回もお楽しみに(^O^)/

平和という答え

前回に引き続き61戦車です!!

ジオラマに移る前に・・・

前回のコメントの中でELSさんにパイピングにお褒めの言葉を頂いたので・・・
調子に乗ってこんなになっちゃいましたw
050_convert_20130211203204.jpg
053_convert_20130203200646.jpg

パイピングの本数を増やし赤い銅線の方は真鍮線でそれっぽく固定しましたw
やりすぎたカナ(ーー;)

さてジオラマに入っていきたいと思うのですが・・・
まずは作り始める前に全体のイメージを固めます。
戦車のジオラマとして考えていくと、廃墟や砂漠などで激しい戦闘をしている情景が浮かびがちですよね・・・
でもそれって完全に近づけるほど戦車は脇役というか情景の一部として溶け込んでしまうと思うんです(;一_一)

確かにそれこそがジオラマだ!!と言われればそれまでなんですが、
主役が戦車!!ということを強調したかったので自分なりに考えてみました・・・

結果・・・
逆の発想を使うことに(^O^)/
戦場だから戦車は溶け込んでしまう、
ならその逆の平和な情景の中に戦車なら!!


戦車の持つ世界観がその情景とギャップを作り戦車を際立たせることができるんじゃないのか!!
そんな考えのもと頭の中で妄想を膨らませました(絵心が無いのでw)

まずは画材屋で額縁を買ってきました!
041_convert_20130211200257.jpg
A3サイズ用の額なので結構大きく61戦車がすっぽり入る大きさデス

このままでは使えないので・・・
044_convert_20130211203128.jpg
裏側の金具や正面のガラスを外し、
012_convert_20130211203335.jpg
本来裏面の押さえとなる板を縁に接着。
これをベースに使います。

014_convert_20130211203411.jpg
周囲にマスキングテープを付け、前に紹介したジオラマキットのベースを固定します。
015_convert_20130211203437.jpg
黒い部分はいつものダイソーの粘土ですw
(前回で使い切っちゃったのでこの粘土だけを買いにダイソーへw)
額からすこしはみだしているところに注目!!
以前お会いした荒川先生から教えていただいた方法で、こうすることで世界に広がりを表現でき枠の中だけの世界ではないことを感じさせることができるそうです!!
初めて取り入れてみました!!

他にも今回新しく導入ということでタミヤの情景テクスチャーペイントというものを買ってみました。
いきなり使うのは怖かったので段ボールでテストを行ってみました(^O^)/
011_convert_20130211203732.jpg

買ったのは5種類。
土や砂・草といった表現が塗りつけるだけで再現できます!!
正直その質感に驚き\(◎o◎)/!
量も十分です!
これは使えるw
ただどうしても色は単調になってしまうのでそこは工夫するところですかね・・・

前回のこのキットも組んでみました。
042_convert_20130203194911.jpg

説明書では簡単に書かれていますが・・・
017_convert_20130211203544.jpg

まずこのパーツの切り出しが大変w
016_convert_20130211203510.jpg

格闘すること2時間・・・
018_convert_20130211203617.jpg
180番のヤスリを使いようやく整形完了(^_^;)
切り出し等は大変ですがモールドの精度はハンパなくいいです!!

後は接着してつなぎ目を消せばいい完成度になると思います。

接着剤の乾燥に時間がかかるのでその間に地面側を仕上げたいと思います!
023_convert_20130211203702.jpg
使うのはさっき紹介した情景テクスチャーペイントのダークアース。
不均等に塗りつけていきます!!
024_convert_20130211203757.jpg
塗り終わったものがこちら!
乾く前に戦車を置き履帯の跡を付けておきます(*^_^*)
続いてプラの部分はアクリルのハルレッドをベース色として筆塗り。
028_convert_20130211203947.jpg

このいわば更地の状態から自分の頭の中の情景を形にしていきます。
025_convert_20130211203829.jpg
026_convert_20130211203854.jpg

イメージとしてはこんな感じですかね(*^_^*)

本番はここからです!!
自分の中で平和ということから初めに浮かんだものは「花」でした。
一言に花といっても多くの表現方法があります。
花をどう表現するか、いろいろ試してみた結果・・・
027_convert_20130211203919.jpg
こんな感じで形になりました(^O^)/

さっそくジオラマに反映させていきます!!
030_convert_20130211204027.jpg

まずは芝を敷きます・・・
草造くんというおもしろいボンドを試してみました!!
驚くほど芝が立ってリアルに仕上がります\(◎o◎)/!

031_convert_20130211204058.jpg
戦車に踏まれた芝には情景テクスチャーペイントの草カーキを使用。
質感を変えることでよりリアルを目指します!!

032_convert_20130211204124.jpg
芝完成!!
サッカー出来ますw

ここに本命の「花」を植えていきます。
034_convert_20130211204154.jpg
・・・
033_convert_20130211204223.jpg
・・・・・
037_convert_20130211204253.jpg
花を・・・植えます・・・・
038_convert_20130211204411.jpg

続けること4時間・・・・
そろそろプラモをいることを忘れてきたころw
040_convert_20130211204440.jpg

花畑の完成です!!
あ~オレ、頑張った!!
042_convert_20130211204533.jpg
裏側です!!
045_convert_20130211204618.jpg
ジオラマにするために360°どの角度から見ても絵にならなくてはなりません(*^_^*)

そのために細かい塗装を・・・
047_convert_20130211204710.jpg

壊れたレンガの合間から生まれる自然。
054_convert_20130211204735.jpg


ようやく地面の完成です!!
055_convert_20130211204804.jpg
あ~外が明るくなってきたw
朝だw

かなり長文になってしまいましたm(__)m
それだけ内容の濃い充実した連休を過ごしましたw
次回は戦車の塗装に入っていきたいと思います(^O^)/
049_convert_20130211204851.jpg

何色にしようカナ!?

次回もお楽しみに!!


架空の戦車

さてさて61式戦車の方もそろそろ本腰を入れて制作していきたいと思います(^O^)/

ガンダムに登場する61式戦車ですが・・・
常にジオンのザクにやられっぱなしのイメージがとても強いですよねw
でも考え方を変えれば現代の戦車より未来の戦車ということになり・・・
取説によると衛星からの相互リンクにより精密射撃が可能などかなりハイテクな兵器だったようです・・・
またMSの開発が遅れた連邦にとってザクの装甲を貫通できる兵器はとても重要な兵器だったと思われます。
しかし戦場にミノフスキー粒子が運用されるようになり精密射撃も不可能に・・・・
陸上における戦車からMSへ兵器運用の転機にあたる最後の戦車といえるかもしれません。

まあつまりは未来の戦車なんでオリジナル要素ふんだんな改造ができるってことですw
今回は一年戦争も後半に入ったころの61式戦車という設定。
ジオンのMSもグフやドムが配備されるようになり接近戦での戦車運用は不可能になり・・・
遠距離支援用の戦車車両という設定。
ガンタンクの変わりみたいなw

時代はMSへと変わりゆく中での悲しみ、戦争の重みなんかをジオラマで表現できたらと思います。

まずは戦車の改造から!!
遠距離支援ということはやはりそれなりの砲が必要になりますよね・・・・
使うのはこれ
049_convert_20130203194345.jpg
アーマードコアの改造パーツですw
一番大きい奴w
035_convert_20130127201827.jpg
それを強引に接続。
きれいに埋め込んだりするより多少強引めの方が急場しのぎの機体っぱくて好みですw

展開するとこうなりますw
036_convert_20130203194439.jpg

ざっくり改造して・・・
後から細かな改修を行っていきます。
040_convert_20130203194656.jpg

まずは接続部に溶接後をパテで表現!!

038_convert_20130203194520.jpg
上部はそれっぽくパイピング(^O^)/

051_convert_20130203194741.jpg
その他細かいデティールアップを真鍮線を使って行いました!!

046_convert_20130203200301.jpg
同スケールのものはタミヤのキットがたくさんあるので重宝しますw
どんな感じなのか試しに塗装してみました!!
045_convert_20130203200346.jpg
ベース色にドライブラシで仕上げてみました(^O^)/
なかなかいい感じです!!

やっぱり戦車模型のジオラマには建物が欲しいかな~と思いこんなものも購入w
042_convert_20130203194911.jpg
結構珍しいキットだな~てな感じで特になにも考えず買ってみて・・・
箱を開けてビックリ\(◎o◎)/!
043_convert_20130203200012.jpg
パーツ・・・というよりプラ板って感じ・・・(ーー;)
戦車より大変そうですw
これほんとに箱絵見たいになるの?(;一_一)

その他にもいろいろ試してみたいことがありいっぱい買っちゃいましたw
037_convert_20130203194818.jpg

ベースにA3用の額も用意しました!!
013_convert_20130203200741.jpg
大きさも十分だし!!
以前は作品に合わせて縁を作ってましたが今回は決められた大きさの中で自分の世界を作りだしてみたいと思います(^O^)/

ということで次回からは本格的にジオラマを作るゾ~

 | ホーム |