プロフィール

ヤマタツ

Author:ヤマタツ
ニックネーム:ヤマタツ
性別:男
生年月日:1989/09/24 (27才)
血液型:AB型
職業:会社員
出身地:埼玉県
mail:yamatatsu1325@gmail.com
Twitter:yamatatsu1325


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスカウンタ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

解き明かされる輝き

珍しく本日2つ目の記事を\(^o^)/

GBWCの一次予選の結果が出ました(≧∇≦)

ついに動き出した感じがします(^^)
ホビーショーでもこんなに大きなパネルが(^^)
ちなみにガンダムの足あたりにいましたw


で・・・とりあえず一次予選通過しました(≧∇≦)
よかった~

今回もプロショップ枠があり、一次の段階で結構絞られた感じがします。

次の二次予選の結果は10月下旬ということでドキドキです(^^;;

バンダイのサイトでも写真が公開されたということで・・・
ブログの方でも今まで公開してなかった部分を解禁していきたいと思います(^^)

まずは今作のタイトル「創造する世界」
前回の紹介のときにコンセプトは物作りの楽しを伝える作品をっと言いました。

今作における自分の中でのテーマは50㎝四方の中に、「世界を創る」として制作に臨みました。

今回のタイトルにはそんな想いを込めています^ ^

ビルドファイターズの世界を創るにあたって、必要不可欠なのはプラフスキー粒子という存在。
劇中ではガンプラを動かせる特殊粒子として描かれています^ ^

もちろん、そんな粒子を開発するのは、そりゃ無理なので(・_・;

「本当にその粒子があるように見せる」ことに重きを置きました。


それが実現できたのがこの写真かなっと思っています。

このRGシステムの輝きメカニズムを今回、解禁したいと思います。

まあ、見て分かる方も多いかと思いますが、紫外線LEDと蛍光塗料を用いて再現しています。

まずはビルドストライク本体側の塗装。
塗膜の厚さが完全な均一になるよう細心の注意を払いながら塗装していきます。
これにブラックライトをあてると・・・


こんな感じ。

下地の色に関係なく発色するよう塗膜の厚さ・濃度も調節しています。





でも、今回求めるのは・・・
ただ関節が光る。だけじゃない感じでした。
ユニコーンのサイコフレームが光ります。的なのは過去にもありますし。

たくさんの試行錯誤の結果編み出したのがこの表現方法。

ノーマル時


RGシステム展開時


装甲面に文字を浮き上がらせる方法を考案してみました。
コレを各部に採用しています(^^)


本体、ノーマル時


過去のGBWC作品から比べると、一見地味な塗装に見せて・・・


ブラックライト照射時に化けるよう考察しました。

この写真は懐中電灯型のブラックライトを当てたものです。

もう一つ、プラフスキー粒子具現化表現として工夫したのが紫外線LEDの配置と点灯パターン。

まずは配置ですが・・・


コレは完成時、天井になる面の裏側。
もうひっちゃかめっちゃかですがw
6角形の角と辺に当たる部分にLEDを配置。
そのそれぞれのLEDを単独制御させる為、配線は大量・複雑化(・_・;

点灯パターンの方は以前のGBWC作品にも使用したフェードイン・アウト方式を採用。


また、下側からもLEDが当たるよう配置。

なかなか凄いことになってます(・_・;
自分で描いた頭なかの設計図を頼りに接続していきます。・°°・(>_<)・°°・。


LEDを単独制御させるとでビルドストライク本体に流れるように光が当たり、粒子らしさを表現しました。
ガンプラ本体が動かないのなら光を動かしてみた感じです(^^;;

また、ノーマル時を見せる為に照明用の白LEDも配置しています。
ただ・・・ここで問題が・・・
紫外線LEDと同じ点灯回路を使ってしまうと、せっかく蛍光塗料が光っているのに白LEDでかき消してしまいます(~_~;)
つまり、紫外線LED点灯中(RGシステム展開時)は白LEDは消灯。
RGシステム停止時は白LEDを点灯させたいんです(^^;;

それを実現したのが、今回初導入の制御回路、arduinoです。
いくら仕事が電気関係といっても制御回路までは、ほぼ無知なので(・_・;
一から勉強しましたw

白LEDは上下に9個配置し、arduinoを使って、一つのLEDを10秒点灯後次のLEDへバトンを渡し、一周回ったら10秒間、全LEDを消灯させるプログラムを組みました。
この全LEDが消灯している間が、RGシステム展開となるわけです。
プログラムを行うのはパソコンを用いUSBケーブルを通じてarduinoへ送ります。なので今後、点灯パターンを変更したい場合は回路はそのままに作品にUSBケーブルを接続するだけOKという利点があります。

作品の一番下の階の部分はまだ公開してませんが、その一部は電飾制御室として機能しています。


arduinoから各LEDへ渡るブレッドボードの配置や紫外線LED制御回路の収納。電源ジャックの格納。各種スイッチ類や調光器の設置などいわばこの作品の頭脳としてのスペースです。


今作は結構自分にとってチャレンジした工作を次々に導入しました。
ここまで作るのに失敗もたくさんしてます。制御回路に誤った電圧掛けてぶっ壊したり(~_~;)

でもそんな経験をしながら仕上げた作品は、今まで感じたことのないほどの達成感が味わえましたw
自分の求めていた物作りの楽しみを、しっかり感じられた気がします。

この作品を見て、そんな楽しみをともに感じて頂ければ幸いです(≧∇≦)

今回の紹介はここまでにしますね!
次回もちょっとづつ、未公開部分を公開して行こうと思います(^^)

ではでは
長文を読んで頂きありがとうございました!



ホビーショーに八潮展示会!

金曜日はホビーショー、土曜日は八潮展示会とプラモずくしな日々を過ごしております(^^;;



ホビーショーの様子なんかは他の方がガッチリ紹介されているので、まあさっくり行きたいと思います(^^)


ドドーンっと‼︎
PGのユニコーンがでます^ ^
話によると、MGのようにデストロイモードで足長にならないよう、デストロイモード基準での設計になっているとか(^^)

続いて


RGウィングEW。
実物展示で、出来映えはさすがRGっと言ったところ‼︎
MGを1/144で組んだ感じです!


今後、バンダイの展開が楽しみなのが、このスターウォーズ!
サンプル展示でしたが、多種のスケールでの展開になるよう(^O^)



ガンプラTVシリーズでは、レコンギスタとビルドファイターズの新商品が‼︎


バンダイはやっぱり色濃い内容でした(≧∇≦)


プラッツから気になったのは・・・
ガルパン1/35フィギュア!
また造形がお見事‼︎

ちなみに1/12のIV号なんかもでるみたいです!

デカ(・_・;

タミヤではミニ四駆が熱い⁉︎

ってか!(◎_◎;)
自分達、ミニ四駆第二世代が観てたレツ&ゴーが‼︎
大人になってる( ゚д゚)
子供もいるーw

年も取るはずだ(~_~;)
あっそうそう、9/24で25歳になりました(^^;;
アラサー突入w


ちょっと気になっていたのは、このアルドノア・ゼロ。

このメカ、結構好みです(≧∇≦)
造形もいい感じ‼︎


以上。
ホビーショーさっくり紹介でしたw


続いて・・・
八潮展示会を‼︎

今回も、凄い作品がわんさかいました(≧∇≦)


一番目を引いたのはひやむぎさんコーナー!
今年も巨大なGBWC作品が展示してました‼︎
物凄い情報量!(◎_◎;)
めちゃくちゃカッコイイー‼︎


今回からスケールモデルも参戦!
アンディさん常連さんコーナーwのジープ。プロの方の作品です。
1/24ということであまり大きくはないのですが・・・
その質感はまさに本物!
ちなみにジープについているバッグなどの小物はほぼ自作というから驚き(・_・;


目立つといえばタマガンメンバー、ニイタソさんのゴルゴ13w
ネタ作品なのに、その本気度‼︎
さすがです(≧∇≦)
作品愛!勉強になります‼︎


ゾイドも熱い!
細かい塗り分けに汚し!
素晴らしい(≧∇≦)

八潮展示会。
今年も楽しい時間を過ごせました(≧∇≦)
また次回の展示会をお楽しみに!

さて、次回は一次の結果が出たGBWCを‼︎






お知らせ~

今回は、ちょっと宣伝を(^^)

去年から参加している八潮展示会に今年も参加します(≧∇≦)


まだブログで紹介していない、こんな作品や・・・

あんな作品・・・

こんな作品^_^;

も持って行きますので、9/27は是非!
八潮展示会へ(≧∇≦)

展示会用にと、気合い入れすぎましたw
ゾイドコーナーもあるので・・・
ジェノとグラビティが出撃予定です(^O^)/
持ち運び、大変そうだ~_~;

以上、宣伝でしたm(__)m

ちなみに私は明日はアンディさんと全日本模型ホビーショーに行ってきます(^^;;

そちらの紹介もお楽しみに(≧∇≦)

勢いに任せて




GBWCの制作紹介中ですが・・・
ちょっと今回は別の話題を(^^;;

GBWCが無事、終了した開放感から制作意欲がかなり高い状態を維持してまして・・・(*^_^*)

9月に入ってから3作品も仕上げてしまった状況です(≧∇≦)
まさかの制作紹介が間に合わない状態(^^;;

今回はその中の一つマクロスf VF-25メサイアバルキリーの紹介をします‼︎


キットはハセガワ制のファイター形態のものを制作(^^)

まずは仮組。

さすが飛行機のハセガワ!
凄いモールド(≧∇≦)

実は飛行機モデルは初めてだったり^_^;
組み立て工程を把握して・・・

コックピットの塗装を始めに行います。

最新兵器なので、汚しは一切無しでいきます!

次に光の透けが気になったので、モールドを消さないように裏側を黒で塗装。
表に黒を乗せてしまうと細かいモールドを潰してしましそうなので(~_~;)

パーツ構成上、機体の真ん中に合わせ目ができるので、モールドを彫り直しながら合わせ目消しを!

サフは必要最低限でかなり薄めに吹きます!

このキット。
色分けはほとんどシールでの再現になってますが・・・
さすがに尾翼の角などにうまくシールを貼る自信がないので、場所によってはマスキングにて色分け。


キャノピーはハセガワのマスキングシートを使用(^^)


他の塗装はほぼ単色なので楽は楽なんですが・・・(グラデーション入れるところもないですし(^^;;)

問題はここから(~_~;)

このシール数(・_・;

ひたすらシール貼り半日・・・(^^;;



なかなか(~_~;)
体力勝負です(^^;;

このままの勢いで空対空ミサイルを制作。
全18発^_^;
しかも全てにクリアパーツ付きで神経使う~。・°°・(>_<)・°°・。

逆さまにするにも塗装面を傷めないよう注意して。

てことで本体は完成!


次に台座。

いつもより気合い入れて磨きました(^^)

機体の裏がが反射で写り込むのが狙い‼︎


そほんなこんなでVF-25完成です(≧∇≦)
写真撮影も完了したので、そちらも公開しますね!






そうそう、この間の八潮展示会で展示させて頂いたんですが・・・
写真加工してくれた方がいましたw



スゴッ‼︎
米軍の空母の艦上みたいw

ではでは、今回はちょっと寄り道でした(^^)

次回はGBWCか・・・
まだ紹介仕切れてないマスターガンダムか・・・
G-セルフかw

お楽しみに~(^^)

制作工程紹介再開(≧∇≦)

今回から、GBWC2014制作工程紹介を再開していきたいと思います!

最後に工程紹介をしたのは5月末だったので実質3ヶ月ぶりくらいになります(^^;;

まずは振り返りから(^_^;)
今回の作品のコンセプトは、ものづくりの楽しみを伝えられる様な作品。ということで制作を開始しました。

そのために、題材にしたのがガンダムビルドファイターズ。
ガンプラを作る楽しみが非常に素直に描かれていたので(^^)

そこでベースは劇中に登場するGPベースに決定‼︎

この時点で、ベースには電飾を組み込み、光で魅せる構図を練ってました(^^)


一番先に考えていた構図は、内部に小型プロジェクターを仕込み、作品にプロジェクションマッピングを組み込むというものw
これは予算の関係と、多くのプロジェクターの焦点距離が近くても0.8mでレギュレーション内に収まらないことなどの理由から断念。

こんなふうに、何度も新しい試みを試しては諦めて次の策を練る。ということを、今作は何回も繰り返しましたw

ちなみにこのプロジェクション案は、実際に小型プロジェクターを買い、ミラーを使って反射させることで、焦点距離を短縮させることまで考えてました(^^;;
まずは、やって見なければなにも変わりませんからね(^^)

そんなこんなで・・・
細かい箇所を詰めるのは、あとあと考えるとして、ざっくり作りたいものを形に起こしていきました。

ここは、前にアンディさんを作った時と同様、スタイロフォームにて形成。


機体は当初ビルドストライクとビルドMk-IIの2機を遠近法を使って配置する予定でしたw

こちらは、全体のバランスを考えた時、ゴチャゴチャしてる印象を与えそうだったので、ビルドストライク一機に絞りました。
それに伴い、ビルドストライクは少しデティールUP!

ベースは随時、電飾の点灯試験を繰り返しながら組み立てていきます。

抵抗やCRDを組換えながら、光量の調整を行っていきます。

同時に本体のポーチング。

ビルドストライク単品となったので、手足を大きく広げたポーチングも可能になったのですが、あえてこのポーチングを選択。
ちなみにこのポーズを取らせる為に、ビルドストライクの股関節を両側3mmづつ削り込み、干渉する装甲パーツも形状変更を余儀無くされました。

主役のMSに大きなポイントを置くからこそ、MSにあまり大胆なポーチングをさせないことで、周りの空間に重要な役割をもたせるのが狙いです。

その空間を埋める背景を構築。

まずはA4サイズでうち出し、イメージを固めていきました。


黒というより、青に近い色合いに調整。
イメージを形にしていきます。
この背景にもいろんな、ボツになった画像達もいます(ーー;)
一つの選択で作品を大きく変化させることができる部分なので、かなり慎重に悩みました(^^;;
いい選択が出来たとは思いますが、こういう部分からも次の作品に繫がるヒントがあると思います。
今回選ばなかった画像を選ぶとどうなったか?
それを次回でやってみればいいです(^^)
やっぱりそう言う部分が楽しくて、やめられない部分なんだろーなーw

さて!
とりあえず今回の制作工程紹介はここまでにします!

づつきはまた今度で(^O^)/

ではでは!

皆さんお疲れさまでした!(^^)!

GBWC2014の応募が今さっき終了しましたね!!
まずは参加した皆さん、作品制作本当にお疲れ様でした(^^)/

これから始まる宴を、ともに楽しみましょう(≧▽≦)

今年はどんな作品が集まるのか、ワクワクが止まりませんよw


締め切りも迎えたということで・・・
制作紹介前ですが、GBWCヤマタツの今年の作品をちょっとだけ公開したいと思います!!

バンダイさんに送付した、3枚目のアピールポイントの写真。
スタービルドストライク、RGシステム最大展開を再現!!
IMG_3331.jpg
画像の加工は一切行ってませんw


次回からはいよいよ、制作紹介に入っていきたいと思います(^^)
お楽しみに!!

 | ホーム |