--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.28

自己満足をカタチに!

Category: GBWC2014
ちょっと時間が経ってしまいましたが、GBWCの二次予選の結果発表がありました!
ドキドキしながら、結果ページを開いてみると・・・



二次予選通過しました(≧∇≦)

これで四年連続でファイナリストになれました♪───O(≧∇≦)O────♪

他の作品を観てみると、知っている方々がたくさん!

また、お会いできるのが楽しみです(≧∇≦)

ガンプラEXPOについても、いろいろと企画が動き出しているのでお楽しみにw

今作はEXPOまでに全貌を紹介する予定ですが・・・
記事では伝えられない、こだわった部分がたくさんあるので、実物展示も楽しみにして頂けると嬉しいです(^^)

ということであと2回くらいにわけて全貌を紹介していきたいと思います!


今回は作品の全景。
外壁をご紹介w


実はこの外壁だけで記事が一つ書けるくらいやり込んでいます(^^;;

基本構造はスタイロフォームで作ってあるんですが・・・

とにかくデカイw
MGが楽に入るくらいの大きさです(≧∇≦)
しかも外壁で三層の積層構造にしてその間に上側から照らす電飾の電源や、アリスタ回転用のソーラーへ繋がる線等を通してるんで、こちらもかなり複雑な構造に(~_~;)


ちなみに支柱にはアクリル棒を使って強度対策してます!


さすがにスタイロフォームだけじゃ支えられないので(^^;;

で・・・
一番大変だったのはここからw
スタイロフォームなので白色。
あれだけLEDを投入するので、重要になってくるのは遮光処理です(~_~;)

これだけ面積が広いとエアブラシでは拉致があかないので・・・
缶スプレーで塗装することに・・・

結局缶スプレーを5本以上使い切りようやく遮光処理完了(^^;;

次に内側。
以前紹介した通り、妹が制作した宇宙の画像を写真屋さんでA3ノビサイズで印刷。



全部で3枚分(^^;;
ちょっと高かったケド(~_~;)

コレを内側のカタチに合わせてカット。


これにより閉塞的な空間に奥行きが生まれたと思います(≧∇≦)

写真自体に艶があるので、光を反射させて一部は鏡みたいになりました(^^)

それから・・・
予期してなかったのは・・・このブルーがブラックライトに反応すること(≧∇≦)

嬉しい誤算です!

この写真のつなぎ目にあたる部分には、テープLEDを配置。
チップLED数で換算すると120個以上(^^)

こちらも調光器を付けて光量調整を可能にしています(^^)

続いて・・・
今回初公開!
作品の裏側へ*\(^o^)/*

実は裏側はこの作品の制作工程を写真で紹介してるんです(≧∇≦)
どういうことかというと・・・

全六面ある内の裏側三枚は作品のバックとして、全面を塞がなくてはならなかったので、そこをただ黒で塗り潰してしまってはもったいないとw

細かく紹介するとこんな感じ(^^;;

一枚はビルドストライクの制作過程を紹介。
下側の扉にはもう一つギミックを仕込んでしますw


二枚目はプラフスキー粒子。主に電飾について紹介。
この下側のスペースに電飾関係の調光器やスイッチ類が並ぶ感じです。


最後の三枚目はアリスタの紹介を行ってます!

これで裏側全面の完成です(^^)


続いて、作品正面側を!
この正面はビルドストライクが見えるように大きく窓を開けた感じになっています。
つまりスタイロフォームの断面がモロに見えてしまうと言うこと(^^;;
もともと使っているのは建築模型ようのスタイロフォームなので、面には化粧紙がつけられていて綺麗な仕上がりになるんですが・・・
断面は発泡スチロール剥き出し(~_~;)
対策としてプラ棒で塞ぐことにしたんですが・・・
複雑な形にし過ぎて、切り出すのも大変(・・;)
結局全20本、組み合わせ時の角度まで合わせてカット。


デザインの方は・・・
作品の顔になる箇所なので、ここはカッティングプロッターをフル活用!

ビルドファイターズのロゴのデザインをアレンジした感じでデータを作成して、転写。


塗装は少しビルドファイターズトライを意識しました(^^)


ネームプレートとしての役割も果たしたかったので、この上からさらに文字を加えていきます。

下地は紙なのでマスクするのにも真剣使うんです(~_~;)

なんだかんだでめちゃくちゃ時間を掛けて完成させた正面パネルがこちら!


これを張り合わせるのも大変(・・;)

洗濯バサミやマスキングテープで固定しながら、紙用の接着剤でしっかり接着(^^)
ちなみにオススメはコレ!

全くシワにならず、接着強度もあり、溶剤を使えば、綺麗に剥がすこともできる‼︎
優れものです(^^)


ようやく全景の紹介まで終えました(≧∇≦)
次回はGBWC作品紹介の最終回になれそうです!

ではでは*\(^o^)/*


スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2014
10.20

アリスタの輝き

Category: GBWC2014
10月も半ばにはいり・・・
GBWCの二次予選通過発表が近ずいて来ました(^^;;
ドキドキです(・_・;

ということで、今回も少しずつGBWC作品の紹介をしていきたいと思います(^^)

今回紹介するのは作品の中央部、6角形の中心部分です。

この中心部分にはビルドファイターズに登場したアリスタを表現してみました!



劇中では、ガンプラを動かすことのできる、プラフスキー粒子の結晶体として登場しました^ ^
最終回では暴走してましたが(^^;;
プラフスキー粒子は青色なので、アリスタも青で光らそうかとも思ったんですが、アリスタがレイジやアイラの想いに反応している時はオレンジ色に輝いていたので、今回はオレンジを使うことに決定!

この結晶体を表現するために使用したのが、GBWC2012時の作品に使っていたワッカーシリコンです(≧∇≦)


カップにサランラップを張り、そこに流し込み硬化させます。

型から外したものがコレ!
シリコンゴムなので手で捥いで型を出します^ ^
イメージは宝石ではなくその原石みたいな感じ。

アリスタ候補生たち↑

ある程度型がいいのを選び・・・
作品の中心で固定するんですが、ここでもう一工夫。

よくある、ソーラーで回転する台座を分解し、その動力部を拝借w
そう!回転させます(≧∇≦)


それを最低部の真ん中に固定


ちなみに電源のソーラーはそのまま使用しますが、作品の最上階に設置しなければならないので、一度配線を制御室に繋がるよう外に出し、そこから最上階に向かうLED電源配線と同じ経路をたどらせています。


おかげで制御室は大混乱しましたが(^^;;

続いて電飾ですが、さすがにシリコンの中にLEDを仕込むのは芸がないので・・・てか、回転させるとなると配線的に複雑になりすぎるので・・・
四方八方からLEDを照射し、反射させることに!


完成時はこんな感じ。
使用したLEDは超広角型LEDを下から3つ、上から3つ、真裏から1つの計7つのLEDをアリスタを光らすために投入w
贅沢だ(^^;;

ちなみにこのLEDは50mAも流すので、明るい明るいw

電源も別系統化し、調光器も追加。
てことで単独点灯も可能です(≧∇≦)

さらにさらにw
アリスタのネームプレートも作っちゃいました^ ^


次は中間層の紹介(^^)


毎回、ちょっとづつ写り込んでいましたが・・・
実はかなり複雑な構造体になってます(~_~;)
中間層なので上にも下にもLEDを配置してます。

これが中間層の中の最下層。
今作で構造体をほとんどスタイロフォームで制作したのも、加工のし易さがポイントにしています。
ゴテでスタイロフォームを溶かし、LED配線の道を作っています。
この上にシルバーの反射層を乗せ、さらにその上に下向けにLEDを付けた上層を取り付け。

ここは全チップLEDで56発を導入(^^;;
点灯するとこんな感じ!

色もブルーとアイスブルーの二色を組み込み(^^)
(スプレー缶は重りです)
このスプレー缶、全部この作品で消耗した物になります(~_~;)

そして中央部。

裏側にもLEDですw
使っているのは、車のイカリング用のLED。

電源電圧を12Vにしたのはこんな応用をするためでした(^^;;

ここにも反射層を設けているので・・・

点灯はこんな感じになりますw
まあ、いつも通りやり過ぎてますw

てことで今回はGPベースの紹介でした(≧∇≦)


次回もお楽しみに!









Comment:4  Trackback:0
2014
10.13

新作続々^ ^

10月に入り・・・
ガンダム新作、Gのレコンギスタとビルドファイターズ2期が始まりましたね~(^^)
どちらも今後の展開が楽しみです!

で、早速w
HGのG-セルフとビルドバーニングをババーッと仕上げたのでw

その模様を紹介しますね(^^)
一応、酒のつまみシリーズです!


まずはG-セルフの素組から!
まあ酒のつまみシリーズなのでほぼデティールをイジるつもりは無かったんですが・・・
ちょっとバックパックの羽根の大きさが気になり・・・

プラ板にて自作し、大型化。
他の部分は、プロポーションはイジらず
、デティールのみを追加しました!

羽根が大きくなっただけでも、印象は結構変わってきたかと思います(≧∇≦)

可動部分は残してあるので羽根の格納も可能。

そのままの勢いで塗装!

HGとしては平均的なパーツ数なので・・・
まあ1日集中すれば全塗装できるくらいですかねー(ヤマタツ目測w)


赤はいつも通りピンク立ち上げで。

クリアーパーツ部分は組み立て後に筆でグラデーション気味に塗装。

このG-セルフ、クリアーパーツの表現方法がポイントでかなり全体の印象が左右されると思います。
裏側からシルバーを乗せる方法も考えたんですが、筆によるグラデーションも面白そうだったのでw

ネームプレートデザインはこんな感じ(^^)


ここはいつも通りかな^ ^

てことで完成画像です(≧∇≦)







続いては・・・
ビルドファイターズ2期!
ビルドバーニングガンダムを^ ^


まずは素組み。
プロポーションはまさに理想形!

可動も安定してるし!
素晴らしい(≧∇≦)

特にイジるところが見当たらないので(^^;;

肩などちょびっとデティールupして、早々に塗装へw

バックパックがシンプルな分、パーツ数は少な目な印象。
テンション上がって勢いがあったので、写真忘れました(^^;;

一気に本体完成w(≧∇≦)


ずいぶん前に紹介した、カラーデザインを意識し、暖色系でまとめてみました!

ガンダムとしては珍しく、青が無い機体なので(クリアーパーツは青もありますが)暖色系でまとめる事により、色と色の繋がりが生まれます(^^)

そしてもう一つ。
このビルドバーニングで特筆すべきものは、付属するエフェクトパーツです(≧∇≦)

っといっても、キットのままだと飴細工見たいなので(^^;;

ここにグラデーション塗装で立体感を出してみました!

白→黄→赤へかけて5色でグラデーションをかけました(^^)
ベースは黒でちょっぴりデザインもいじっています(^^;;


完成画像がこちら(≧∇≦)






こんな感じです!
ちなみにどちらも制作期間は3日くらいです(^^)

テンション次第でかなり進みが早くなりますねw

今後、しばらくは酒のつまみシリーズはお休みになりそうです(~_~;)
ガンプラEXPOまで、色々立て込んでいて、バタバタなので(^^;;

そうそう、この2作品はホビーショップアンディさんで展示させてもらってます!
お近くの方は是非是非(*^^*)

ではでは、次回はGBWC紹介に戻ろうかなと思いますのでお楽しみに(≧∇≦)
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。