--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
03.01

MG AGE-1(5)

さてお待たせしました。
今回から主に塗装についての紹介を行っていきますよ(^O^)/

まずはちょこっとキットを改造。
073_convert_20120301213238.jpg
これはもう定番工作。
アンテナのシャープ化です。
左が処理後、右は処理前。
074_convert_20120301213214.jpg
これだけでも顔が引き締まります。
お次は・・・
072_convert_20120301213302.jpg
ライフルの銃口を金属パーツに変更しました。
実際、改造はこれだけです。

あとは塗装でなんとかしましょう!
という事で、まずはパーツをすべてばらし・・・
075_convert_20120301213421.jpg
メガネ洗浄機で汚れを落とし。
077_convert_20120301213328.jpg
換装!!
078_convert_20120301213353.jpg

パーツひとつひとつに持ち手をつけます。
080_convert_20120301213546.jpg

では黄色いパーツから紹介しますね。
まずはサフを吹いて・・・・
081_convert_20120301213521.jpg

次にオレンジを吹きます。
082_convert_20120301213612.jpg
意外かもしれませんがこのオレンジがこの後大きな効果を生みます。

この黄色いパーツをヤマタツ塗装こと「願い」に施した鱗塗装を行います。
この塗装にはコレを使います。
083_convert_20120301213638.jpg
私と同世代の方なら分かるかも知れませんが・・・
昔、ミニ四駆の肉抜き穴に付けていたメッシュです(笑)

これを・・・
084_convert_20120301213704.jpg
このようにパーツにあてがいながらイエローを吹きます。
右手でエアブラシを持つため、左手のみでパーツ・メッシュを把持します。
これが意外にコツのいるところかもしれません。
もちろん塗装をしている最中にメッシュがずれてしまった場合はオレンジからやり直しになってします(・_・;)

私は写真のように薬指・小指でパーツの持ち手を把持し、親指・人差し指・中指でメッシュを抑えてやっています。(長時間やると確実に指がつります)

注:イエローの濃さは薄すぎるとメッシュに引っ掻かれきれいにできません。(換装も遅いです)
また濃すぎると塗面がザラザラになってしまいます。

塗装後がこちら。
085_convert_20120301213751.jpg
オレンジをエッジに残しながら吹くのがポイントです!
汚れではなく影が生まれ立体感が表現できます。
他のパーツも(^O^)/
086_convert_20120301213817.jpg

とりあえず黄色が完成。

次回は装甲部。
スプリッター迷彩について紹介します。

ではでは(^O^)/
トラックバックURL
http://yamatatsu1325.blog.fc2.com/tb.php/21-5eb54914
トラックバック
コメント
やっぱり!!あの「願い」の模様は
ハニカムメッシュを使っていましたか!
EXPOで間近で拝見させていただきましたよ。
学校の関係で授賞式を見れなかったのが残念でした。

自分も学校が終わってすぐに3時間弱で素組みしました。
本当にいままでにない新鮮な内容ですね!それによく動きますし。
・・・でもハンドパーツが取れやすくないですか?

次のスプリッター迷彩を楽しみにしてます。
DRIVEdot 2012.03.02 00:25 | 編集
イイですね、基本からw

そして鱗塗装。
これを見たおかげで今の自分があると言っても過言ではない!
ホントありがとうございますですよ\(^o^)/

>右手でエアブラシを持つため、左手のみでパーツ・メッシュを把持します。

確かにコツがいりましたが慣れれば面白い塗装方法ですよねw

次回のスプリッター迷彩、実は今の次に製作予定のものでこれをやろうと思ってて、ヤマタツさんのAGEを見たときにビックリしました\(◎o◎)/!
考えることが一緒で嬉しかったなあ♪

楽しみにしてます(^^)/~~~
kobarutodot 2012.03.02 00:43 | 編集
なるほどっ!!

みかんの網を使っていたわけじゃなかったのかwwww

私もいつかやってみたいです♪
まさぼんdot 2012.03.02 01:45 | 編集
こんにちは
なんかすごいです!シャドウとはちがってなんか・・・うーん伝えにくい・・・とりあえずすごいです。
話し変わりますが、最近親戚からエアブラシを借りてきて今はエアブラシの練習をしています。自信がついたらエアブラシで塗装して行きたいと思います!
ELSdot 2012.03.03 15:54 | 編集
EXPO来てたんですか。
いろんな作品があって勉強になった場所でした(^O^)/

AGEのハンドパーツは確かに緩いですね。
私の場合塗装してしまうのでその塗膜の厚みでちょうど良くなるのですが・・・
塗装しない場合は瞬間接着剤を薄く塗って固らせることで厚みの調節ができますよ!
ヤマタツdot 2012.03.04 10:05 | 編集
鱗塗装はそもそもマスキングをするのがめんどくさくて行った技法なんです(笑)

適度なボカシを付けることもでき、味のある塗装が出来ると思います。
kobarutoさんのAGE-1のように色の組み合わせを変えるのも面白いですよね(^O^)/

実は今回初めてスプリッター迷彩をやってみたんですよ!
マスキング嫌いを克服しなければ(・_・;)
ヤマタツdot 2012.03.04 10:11 | 編集
みかんの網もいいですね(゜o゜)

要は模様が面白ければ何でもいいんです(笑)
まさぼんさんのリ・ガジィも楽しみにしていますよ(^O^)/
ヤマタツdot 2012.03.04 10:14 | 編集
グラデーションを付ける=汚しに塗装
ではないと思います。
多色を使ったいろいろな塗装表現があると思います。
エアブラシにはたくさんの可能性があります是非楽しんで下さいね!

エアブラシの最大の特徴は塗料を均等に乗せることができることにあります。
特にメタリックカラーは筆では絶対にエアブラシには勝てません。
まずはMSの目や武器のセンサー部の部分塗装をやってみては?
ヤマタツdot 2012.03.04 10:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。