--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
03.07

MG AGE-1(7)

今回は関節色について紹介しますね。
さて皆さんはMSの関節色のイメージはどんな色ですか?

MSの設定画を見るとほとんどがグレーで塗装されています。
カラーデザインの考え方で見てみると関節や武器など重要度の低い、わき役的な部分の色は
グレーを置く意外にまとめることができないです。
そのため他の色に干渉しないニュートラルグレーが主に使われています。
ちなみにニュートラルグレーとは単純に白と黒のみで作るグレーのこと言います。
つまり何の色味を持たない色のため他の色とケンカしない色なんです。


そもそもカラーデザインの考え方においてガンダムのような、白・青・赤・黄のように互いに
せめぎ合うような配色は論外に近いですが(笑)

ではカラーデザインという観点からガンダム配色を作っていくとどうなるのかというと・・・
まさにVer.Kaのカラーになっていくんです(゜o゜)
Ver.Kaはかなりカラーデザインの考えかたを取り入るんですよ!
そのため、アニメで見たガンダムよりすっきりまとまっている印象がありますよね!
ガンダムVer.Kaは、黄色をオレンジ目に、青を紫っぽく、赤はピンクに近づかせ、白は薄いグレーになっています。
そうです!
今回、私が作ったAGE-1はオレンジの下地に黄色を・・・ピンクの上に青を(紫っぽく)・・・ピンクの上に赤を・・・ニュートラルグレーを使った白い装甲と・・・
同じなんです!Ver.Kaと!


ところでカラーデザインということで何をやっているのかというと・・・
一言でいうと色相を近づけているんです。
つまりガンダムカラーに同じ赤味を持たせることにより色に統一感を持たせているんです\(◎o◎)/!
その考え方を取り入れると自ずと関節色も見えてきます。

そう。グレーにも赤味を持たせ統一感を持たせればいいんです。
(グレーにおいて代表的なものは先に説明したニュートラルグレーと赤味を含んだウォームグレー、青(シアン)を含んだクールグレーがあります。)

という事でこれが今回私が使用したウォームグレーです。
092_convert_20120304094316.jpg
茶色っぽいけど茶色じゃない・・・
そんな色を目指しました。
一目でこの色だ!と分かってしまう色だとつまらない作品になってします。
この色はなんだろう、どうやってこの色を作っているんだろう?
と思わせることで見る人を引き付ける効果を狙っています(*^_^*)

ちなみにこの色はグレーのサーフェーサーに白・黒・マホガニーにて作っています。
もう少し薄いウォームグレーを作るときはマホガニーの代わりにダークアースを使います。

こんな風にカラーデザインを少しかじってみるだけでも結構面白いですよ(^O^)/
今までの考え方ががらりと変わったという部分もありました。

関節という一見目立たない部分をこだわることで人とは違った作品を作れ、よりステップアップできるのではないでしょうか。
機会があれば、是非試してみてはいかがですか(^O^)/


093_convert_20120304094342.jpg
厚塗りを避けるためサーフェーサー入りのウォームグレーで一度塗りです。
094_convert_20120304094415.jpg
さて関節の塗装が終わりました!
後は細かい塗装と組み立てです(^O^)/


話は変わりますが・・・
今週は仕事で小型移動式クレーンの技能講習というものを受けてきました(^O^)/
当然講習所には・・・重機がたくさん(*^_^*)
002_convert_20120307213508.jpg
034_convert_20120307213604.jpg
いゃ~いいですね~重機(^O^)/
動きもそうですが・・・
錆や傷の付き方、汚れの付き方など見ているだけでも全然飽きないですよ(笑)

とても勉強になる3日間を過ごしてきました(いろんな意味で笑)

では次回はAGE-1最終回になりそうです(^O^)/
ではでは!

トラックバックURL
http://yamatatsu1325.blog.fc2.com/tb.php/23-9eee978a
トラックバック
コメント
カラーデザインかあ・・・勉強になりますね。

自分はほとんどその時の気分で塗装して、組んでおかしいと感じたら塗り直すこともあります。

今度はちゃんと考えてみようと思いました(^o^)

kobarutodot 2012.03.08 00:37 | 編集
関節カラーをここまで熟考されていたとは…!
恐れ入ります。さすがですね。
自分も進級するとビジュアルデザインを勉強するので
とても参考になります!!
DRIVEdot 2012.03.08 01:17 | 編集
こんばんは
すごいです!!サーフェイサーを塗装に使うなんて思っても見ませんでした
サフは塗装の下地みたいなものだと思っていたのですごくいいアイディアだなぁーって思います。
 あと、自分もAGE塗装し始めています。赤が好きなのでSEEDのイージスみたいな色にしようと思っています。塗装はやっぱりとても緊張します。アンテナは黄色に塗装したんですが、手がガタガタガタガタ震えて大変な事になりました・・・ こんな調子で上手くできるかなぁー・・・
ELSdot 2012.03.08 17:51 | 編集
なかなか思い通りの塗装をするのは難しいですよね~(・_・;)

カラーデザインが使える機体ならよいのですがグフやケンプファーなんかだとさらに色合いが厳しいことになりますから・・・

私も次回作頑張ります(^O^)/
ヤマタツdot 2012.03.11 21:44 | 編集
ビジュアルデザインですか・・・おもしろそうですね(^O^)/

そういう勉強もガンプラに生かせそうでうらやましいです!

私も新しいことをどんどん取り入れていかなくては(*^_^*)
ヤマタツdot 2012.03.11 21:48 | 編集
サフをそのまま塗装に使う事で完成時の塗膜を薄くすることができます。
特に可動部なんかは厚塗りすることが出来無いので重宝しますね!

赤は結構難しい色ですよね!
下地の影響が強く出てしまって同じ色でも下地次第で全く別の色になってしまいますし・・・
赤の下地にはピンクがお勧めですよ(^O^)/
ヤマタツdot 2012.03.11 21:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。